読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柔らかく控えめ。でも強い。

JUMP、知念さんについて語るだけのブログです。Twitter→@jump_c_riri

10周年(推され期)を迎えるにあたってのファンがすべき事。

JUMPキテル。。。

 

 

とここ2年ぐらいで着々と露出が増えたJUMPさんたちにみんな少しずつこう思っているのではないか。

 

 

もちろん私も。

 

 

1年にこんなにCD出せるの?!

アルバムが1年に1枚の頻度になった!

メンバー個人の仕事が増えた!

グループの冠番組も!

 

 

これまでの低迷期に慣れたJUMP担にはなかなかついていけない勢いだったような気がする(私だけ?)

 

 

しかしよく考えてみよう。

 

 

たしかに少しずつ人気は出ている気がする。

 

だけどそれはなぜ?急になにもせずに人気が出てきたわけじゃない。

 

 

紛れもなく、推され期のおかげだ。

 

 

人気(売り上げ)の少なかったJUMPがこんなにもたくさんCDを出せたのは、これから売れていくための投資として事務所が予算を出してくれているのだ。(私の勝手な予想ではあるが、多分そういう事だと思う)

 

 

と、いうことは。

 

 

事務所は、この力もお金もかけているこの期間に芽を出して貰おうと考えているわけだ。

 

 

これでどんどん人気になれば、これからは予算もこれまで以上に多くなるし、JUMP自身もやりたいことができるし、事務所も投資してた分を回収できるのだ。

 

 

そうやって会社は成り立っているのだから。

 

 

 

では、この期間に芽が出なければ?

ある程度軌道に乗らなければ?

 

 

これから先、今以上に力を入れて売り出してもらえなくなる。

 

 

するとどんどん露出ももっと若いデビュー組に取られてしまう。

 

 

JUMPには、今は"安定期"ではなく"挑戦"の時期なのだ。

 

 

 

ここでタイトルに戻る。

 

 

 

この"挑戦"の時期にファンがしなければいけないことは?

 

 

JUMPにはお金を稼ぐ力がある。

JUMPでないといけない。

 

 

そう事務所に思わせなければいけない。

 

 

雑誌にjumpが出れば売り上げが伸びる。

出演するドラマ・バラエティの視聴率が上がる。

 

 

やはり好きなだけではダメなのだ。

 

 

ファンがJUMPを"育てて"いかなければならない。

 

 

この意識が大事だなと思うんです。

 

 

JUMPの弱い所は、やはりファンの年齢層が低い事。

 

 

お金をかけてあげたくても難しい層が多い。

 

 

それでも、力を入れてもらってる今、なにか事務所に手応えを感じてもらわねばならんのだっ!!!

 

 

 

だから、最近勢いがある事で油断してるファンの子が多いなぁって少し思った(初回2を予約できなかった私が完全これ)から、やっぱり今頑張らなきゃなぁ。

 

 

 

もう!今!ファンも踏ん張りどき!!!って事だけ超いいたい。。私も頑張るから(なに様〜)

 

 

 

芸能人だし、アイドルだし、本人達だけが頑張るだけじゃダメだね。

 

 

さて。頑張りますか。

 

 

 

李々華