読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柔らかく控えめ。でも強い。

JUMP、知念さんについて語るだけのブログです。Twitter→@jump_c_riri

9周年。そして10年目へ。

Hey!Say!JUMP デビュー9周年おめでとうございます。

 

 

デビュー当時はリアルタイムで見ていなかったですが、やはり大切な人達の記念日は、感慨深いものがあります。

 

 

 

9周年。節目の10周年yearを控えてのこの大躍進。

 

 

信じられないくせにいっちょまえに嬉しくて。

 

 

一生陽の目に出ないこともある。かたや一瞬で華やかなステージの真ん中に上がることもある。

 

 

キャリアやスキルだけではどうにもならない世界でもがく9人を見てるだけで

 

 

売れてこなくたって、推されなくたってよかった。

 

 

そういう気持ちだったはずなのに。

 

 

ファンが増えて、Hey!Say!JUMPを知る人が増えて。

 

 

その現状に綻んでしまうほど嬉しくて。

 

 

多くの人に伝わってるよ。今日改めて9人に伝えてあげたいって思いました。

 

 

 

 昔は山田さんだけに頼るようなグループの戦略が、今では9色がバラバラに、でも綺麗にJUMPという色を作っていて。

 

 

「グループは、後ろの人までスポットライトが当たってからが始まり」

 

 

どこかで聞いた言葉。

 

 

伊野尾ちゃん。まさにその言葉どおり。

 

 

 

伊野尾ちゃんがいてくれたからこそ、JUMPがもう1つ大きくなれた。

 

 

大ちゃんも被らないあの愛くるしいキャラが立ってて。

 

 

光は多才で多彩でどこに出しても恥ずかしくない。

 

 

ゆーてぃーは演技派で、古風で真面目で、なのにお茶目で、目が離せない。

 

 

雄也は人としてすごい魅力的で、雄也の周りに人が集まるのが分かる気がする。

 

 

圭人はどんどん色んなことが上手になってて、でも不器用でハラハラする可愛さは未だに健在。

 

 

薮ちゃんは昔と変わらない安定感と優しさでJUMPを1つにしてくれてて。

 

 

知念さんは変わりながらも、ちゃんと変わらないでいてくれてる。

 

 

こんなに9人がはっきり9色に分かれることができるんだ、と思った。

 

 

だけど、11月14日。10周年目の始まりの日。

 

 

やっぱり君がいなくちゃ始まらないよね。

 

 

山田涼介

 

 

10周年の始まりは、月9という素晴らしい舞台で始まるんだよ。

 

 

やっぱり節目には、山田涼介がいないと。

 

 

主題歌として、メンバー全員を月9に出してくれた。

 

 

9年間、引っ張ってくれて、アイドルでいてくれて、辛い時も全て受け止めて進んできてくれたこと。

 

 

本当に感謝しかないなと思う。

 

 

多分、山田涼介っていう名前が1番重かったと思う。

 

 

それでも挫けず進んでくれた事。

 

 

誰もが感謝してると思う。

 

 

 

まだまだ始まりで、なのにきっとゴールはなくて。

 

 

 

 だから必死に前に進むんだろうね。

 

 

そんな姿を後ろから控えめにでも応援できたらなと思う。